大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

苦痛を抑えた大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは、内視鏡を肛門から挿入して、大腸粘膜を直接観察できる検査です。早期大腸がんや将来がん化する可能性のある大腸ポリープを発見できる唯一の検査であり、検査中に病変組織を採取できますので幅広い大腸疾患の確定診断につながります。当院では苦痛なく、楽に検査を受けていただけるように極細径の内視鏡を用いて、鎮静剤を使用し、眠っていただきながら行っています。

検査をご希望される方は、基本的に予約制です。検査前に下剤処置が必要なため、ご連絡またはご来院ください。