大腸がんは早期の段階だと症状に乏しい場合が多いです。また、早期の発見であればあるほど、完治する確率が高くなります。厚生労働省が発表したがん統計では、がんによる死亡数では男性が3位、女性は1位(男女計2位)となっていて、依然増加傾向にあります。

早期大腸がんや前がん病変の大腸ポリープを発見できる唯一の検査が大腸内視鏡検査(大腸カメラ)です。リスクの高まる40歳を超えたら、自覚症状がない段階で定期的に大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)を受けることが、早期発見や予防には重要です。また、家族に大腸がんになった方がいる、習慣的に喫煙・飲酒する、赤身肉や加工肉を食べるなど、リスクが高い場合には40歳前に大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるようお勧めします。当院では、大腸ポリープを大腸内視鏡検査(大腸カメラ)時に認めた場合は、その場で切除も行っております。お気楽にご相談してください。